「リレー俳句」は、前の作品の言葉の一部を受け取り、次に繋いでいくもの。
たとえば、「オリーブは眠れる木なり野分だつ 聡子」という句があったとしたら、
次に繋げるのは、「オリーブ」でも「眠」でも「木」でも「野分」でもよいのです。
まずは持ち句を一つ携えて、「新規記事の投稿」から書いてみてください。

新規記事の投稿

(投稿前に内容を確認)
  

利保さんの「」梅雨」に続けて

  • 2020/07/15 (Wed) 12:43:57  New!
窓といふ窓を開いて梅雨の星   昭

聡子さん、美和さん、利保さん、
みなさん、こんにちは。

美和さんののに繋いで

  • 利保
  • 2020/07/15 (Wed) 06:02:46  New!
梅雨の月蒼き眼の深海魚  利保

皆さんおはようございます千葉は今日もどんよりした曇り空です。

穂積さんの雲に続けて

  • 美和
  • 2020/07/15 (Wed) 05:42:51  New!
雲海の上を渡つて行けそうと   美和

聡子さん、みなさん、おはようございます。
今年の7月は涼しいですね。
来週から本格的な夏が始まりそうです。

智恵さんの「に」を継いで

  • 穂積
  • 2020/07/14 (Tue) 20:53:41  New!
夏雲や薩埵峠に母とをり  穂積

聡子さん、みなさん、こんばんは。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の旧の第二弾、日本橋~京都を見ました。
まだ初期なので、ルールが確立されていなくて、(路線バスのない)由比から興津まで
は歩きでなくタクシーでした。
(同じ道を二代目らは、歩いて行きました。)
タクシーを一端途中下車して薩埵峠からの富士を太川、蛭子、相本の3人が見ていました。

ほんの数年前ですが、死んだ弟の運転で清水から薩埵峠へ行きました。
夏に富士が見えることは稀なのですが、たまたま見ることができました。
父が死んだあとの親子での最後の旅行(といっても静岡市清水区内ですが。)でしたね。

美和さんの「雨」に繋いで

  • 智恵
  • 2020/07/14 (Tue) 09:37:30
やはらかき雨に抱かれ合歓の花   智恵

聡子先生、美和さん、みなさん、おはようございます。
ここ最近、梅雨寒の日々が続いています。

聡子先生、「紫陽花」の句に★をありがとうございました。
とてもうれしく、励みになります。
少々、寂しげな光景でした。
いつもと違う道を歩いてみたら、新しい発見がありました。

美和さんの梅雨に繋いで

  • 利保
  • 2020/07/14 (Tue) 06:49:26
どこまでが夜の街やら暑気払ひ 利保

みなさんおはようございます、千葉は今日も朝から肌寒い雨です。

昭さんの空に続けて

  • 彩香さんの香に続けて
  • 2020/07/14 (Tue) 05:10:03
空色の水色となる梅雨の夕   美和

聡子さん、みなさん、おはようございます。
昨晩より激しい雨音が続いています。

美和さんの「空」に続けて

  • 2020/07/13 (Mon) 17:44:02
思ひ出はあの空の星くずになる   昭

聡子さん、美和さん、利保さん、
みなさん、こんばんは。

美和さんののに繋いで

  • 利保
  • 2020/07/13 (Mon) 08:52:48
朝の雨鯵のせて喰う茶漬けかな  利保

皆さんおはようございます、千葉は雨模様の肌寒い朝です。

聡子さんの青に続けて

  • 彩香さんの香に続けて
  • 2020/07/13 (Mon) 04:49:44
青空の端覗きをり七変化   美和

聡子さん、みなさん、おはようございます。
聡子さん、★とコメントをありがとうございます(#^^#)

昨晩から随分と冷えてきています。
今年の7月、今のところ涼しいですね。

良い一日となりますよう。

勝彦さんの「雨」に繋いで

  • 聡子
  • 2020/07/13 (Mon) 01:39:05
雨の歌聴きたる真夜の青嵐   聡子

みなさま、こんばんは。
最近、ブラームスの〝雨の歌〟(ヴァイオリンソナタ)をよく聴いています。
伴奏のピアノの音も美しく、聴いていると、気持ちが静まってくるようです。

★をさな児をおどかさぬやう蚊を叩き 万紀子
万紀子さん、素晴らしい句ですね! 蚊を詠むのに、このようなアプローチがあるのだなぁ、と、感心します。平易な表現のなかにユーモアと優しがあふれているようです。


★教室に入りたる藪蚊撃ちし音   美和
蚊を詠むのに、やはりこういうアプローチがあるのだと感じ入りました。
「教室」が身近にあるのは、美和さんならではですね。

穂積さんの蟻に繋いで

  • 勝彦
  • 2020/07/12 (Sun) 21:57:49
大蟻の焼きそば荷なふ河川敷  勝彦

聡子さん、みなさん、こんばんは。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」自分もファンです。
蛭子さん、ご病気とか。二代目も「あるよ」、いけてますよ。

おやすみなさいませ。

勝彦さんの蜂からの昆虫連想で。

  • 穂積
  • 2020/07/12 (Sun) 21:39:23
黒蟻や山道登るバスの旅  穂積

聡子さん、みなさん、こんばんは。

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」というTV東京の番組があります。
ローカル路線バスだけで目的地に行くというコンセプト。
太川陽介、蛭子能収(+マドンナ)が初代で25本。
二代目は、田中要次、羽田圭介(+マドンナ)でいまのところ13本。
たぶん、全部見ていますが、もう10年以上続いているので、
初期の頃のは細かいところの記憶がかなり曖昧になっています。
蛭子能収のボケが売りのところがあり、初代の方を好きな人が
圧倒的に多いのですが、私は、二代目も意外と好きです。
今日も、奈良東大寺から飛騨高山への回を見ました。
途中はかなりたいへんな回でした。

昭さんの「なか」に繋いで

  • 勝彦
  • 2020/07/12 (Sun) 19:16:05
蜂の巣を崩して梅雨の中休み  勝彦

今日は久々、夏の青空と浅間山が美しいです。
たまっていた庭仕事、腰が痛くなり道半ばでした。


美和さんの「に」に続けて

  • 2020/07/12 (Sun) 17:57:23
朝靄に夏蝉さわぐ橋なかば   昭

聡子さん、美和さん、利保さん、
万紀子さん、みなさん、こんにちは。
もう「夏」ですね。